“こだわりの音とデザイン”



たちは、音楽と、の風合いを活かした美しいデザイン、そして自然で優しい音作りを通じて、お客様がより健(すこやか)でお過ごしいただける事を願っています。



<現在の問題> 


リラックスできる音楽鑑賞は、音さえ良ければすむことではなく、落ち着く場所(部屋)が必要です。
「大きくて置く場所がない!」「真っ黒でブコツ!」「何も収納出来ないのに場所ばかり取る!」なんて、なんでこんないわれ様になったのでしょう?
確かに、人の感覚の約90%は、視覚であると言われます。それがために、心地よく感じる場所(部屋)であるためには、そこにある物の視覚的印象は重要な要素で、その姿から感じさせるメッセージは、重要な性能と考えています。器の美しさが料理の味を変える話などは周知の事実です。この問題を解決しない限り、ご家族からは不快で邪魔な存在となり続けます。

はなぜ、インテリア性にも優れたデザインのスピーカーが、しかも手ごろな値段で存在しないのでしょうか?
安くて売り易い商品を生産するため、基本的な性能を満たすだけで、可能なコストの限界になってしまいます。木製品は、型を使った大量生産ができず、原価が高く利益が少ない、これらの商品を丁寧に開発する余裕は、大手メーカーには無くなっていると感じています。生産コストを下げるため、海外での生産に変わってゆく中で、国内の優れた木工技術に依存してきた“美しさ”は姿を消して行ったと感じています。その上、家具と電化製品の双方にまたがる製品の特長から、外見の美しさを求めるのは、超高級機へとシフトされて行きました


 

<お部屋に合うスピーカー選び> 


想像してみてください。仮にご自宅のリビングをリフォームした、もしくは、新築の家を建てられたとしたら、そこにはどんな家具を置かれるでしょうか?その理想の空間に、素敵なスピーカーや音響機器はあるでしょうか?あるいは、大きくて真っ黒のスピーカーか、屋外ステージの業務用のブコツなスピーカーが鎮座していたら、落ち着ける、癒される空間になるのでしょうか?こだわりの方であれば、ダイニングテーブルも無垢材や天然木等を使用した、素敵な家具をお求めになるのではないでしょうか。その様な家具を選ばれる背景は、お客様やご家族の満足度を高め、より理想の空間、癒される部屋を求めてのことと思います。
美しいデザインのスピーカーは、そのお部屋に調和し、そこから流れる自然で心地良い音と音楽は、ストレスを軽減し、いやしをもたらす最高の空間(お部屋)になるとは思いませんか。その様なお部屋の中に、某電気店の29,800円のミニコンポが、お部屋を彩ることなど決してありません


私たちはスピーカーの存在は、“お気に入りの家具”と同じと考えます。ですから、奥様とご一緒に、あるいはご相談ください。スピーカーがお気に入りの家具であることは、ご家族が心地良くお過ごしいただけるお部屋の重要な要素と考えます。 “健(すこやか)”とは、ご家族と共に安らげる空間を作り出し、心地良い音楽をあなたやご家族で楽しんでいただけることです。私たちの製品は、それらお客様のハイ・センスに確実に答え、奥様やご家族から愛される物であると信じています。

 

<スタイル>豊富な経験からのデザイン 


弊社代表者は、かつて自動車会社デザインセンターに在籍し、カーデザインの分野で活動してきた経験から、より優しいデザイン商品をご提供いたします。そして何より、木の素材としては最も高価な箱根寄木細工を独自に採用し、今までに無い、美しいスピーカーを産出しました。
また「高井工芸」は、箱根物産連合組合に加盟する木工芸の事業社でもあります。弊社の商品に使われる箱根寄木細工も、スピーカー材として自由に使えるのは唯一弊社だけです。学生の頃から現在に至るまで、木彫を主とした芸術活動の経験から、木に付いて熟知し、温もりや癒し効果をふんだんに盛り込んでいます。3年間、建築の意匠設計も仕事にしていたことから、ドイツのバウハウスや、「和」と言った建築表現も重要要素として、スピーカーのデザインに積極的に取り入れています。
お部屋の空間を意識して、スピーカーその物が強く主張するのではなく、空間との調和を重視し、多くのお客様の大切なお部屋を、更に彩る存在としてデザインしています。スピーカーにも、使う場所や方法等で多くの用途が考えられます。それらの用途に合わせ、その使い方に最適なサイズやデザインを心掛けています。

 

<自然な音>“健”とは 


音楽鑑賞が、“免疫力の向上”“自然治癒力の向上”に役立つ研究結果が、カナダのマギル大学 Daniel J. Levitin教授の研究で、明らかになり注目されています。オーディオ機器のスピーカーとして、“外見がきれいで音が良い”ことの先にある答えは、“心身が健康であること(健)(すこやか)”につながると考えています。
また、かつて、精神科医が自作された、患者さんが落ち着くと言うスピーカーを聴く機会がありました。派手さはありませんでしたが、優しく自然な印象だったことを覚えています。何かを強調する訳でもなく、強い製作意図がある訳でもない。ただただ自然でした。


“自然な音”は、常にオーディオ機器の決まり文句として現在でも使われています。確かに、それこそは理想として業界内でも扱われていますが、残念ながら、全く特徴のない超自然の音は、捕まえどころが無く一般につまらない音として扱われます。単純に言えば、評価されているホームオーディオ機器は、全てエンジニアやメーカーの味付け済みの物で、それを選んで買っていることになります。これも、原価を抑えて、メーカーの特徴を出そうとすると、無理な表現へと進んでしまいます。
また、近年では小型スピーカーの低音争いが起き、小口径のユニットが大型ユニットに肉薄することを美徳とし、一般ユーザーも重低音を好むように変化してしまいました。スピーカー設計は、上皿天秤のようで、何かを足せば何かが減る、そんないたちごっこで、重低音を追求すれば、失う物があることを気付いている方も多いと思います。

のような時代だからこそ私たちは、長年の研究から自然で優しくあることを重視し、できるだけ軽く、人の声や弦楽器の音域を豊かに、伸びやかに再現することを意識しています。
小さいスピーカーでも、その良さを最大限に活かす努力をしています。ですから、サイズを超えた重低音を求めてはいません。
デザインとは、外見ばかりを意味するものではなく、設計そのものも含んで考えています。 弊社では、10年近くスピーカー開発一筋で研究を続け、現在ではオーディオショプでも取り扱いがあり、高い評価を受けています。海外メーカーで高級機として採用されている同じユニットや、高級機向け電子パーツも採用しています。



<手作り>“美しくきれいで音が良い”のその先にあるもの 

 

最近では、大型リビングのモデルルーム等でも、ほとんどオーディオスピーカーの姿を見かけません。ソファーやテーブルを思いっきり高級にし、大型のTV(モニター)、2m以上のTVボードまで配置し、その環境でスピーカーの存在が無いのです(この部屋で、映画鑑賞や音楽鑑賞にテレビの内臓スピーカーなの?)。もはや、一般の方には全く無縁な物になってしまっているようです。
弊社だけでも、その常識を打ち破りたい!! もっと多くの方に、良い音で音楽を聴く楽しさを知っていただきたい!! そんな思いで、一品一品、正に入魂の思いで情熱を注ぎ製作しています。 私たちが手作りにこだわる理由は、大量生産のための簡略化やむやみなコストダウンの害、また、生き物でもある「木」は、一つ一つ違いがあり、自動車や一般の電気製品のように全て同じに加工、組み立てができません。確かな商品を、心を込めて丹念に手作りする他、私たちにはより良い方法が見出せません。


ただ単に、「同じスピーカーを買うなら、カッコいい方がいい!」、「音がいい方がいい!」なのでしょうが、だからなんなのか?本当にオーディオやスピーカーの存在価値はそれだけなのか? なぜこれほど夢中でやってきたのか? 
その答えの一つが健(すこやか)なのだと感じています。 極近年の研究から、音楽鑑賞が健康に寄与する効果が明らかになってきましたが、自然にそのことを感じ、自らも健康でありたいと無意識に突き進んできたのかもしれません。このことを皆様に伝えて行くことが大切だと思っています。

 

 


なたの探している物は、きっと見つかると思います。音楽療法と言う物の効果がどれほどあるかではなく、大らかな気持ちで音楽鑑賞できる環境を持ち、それを楽しむこと、それこそが本当の豊かさではないでしょうか。


全てが伝統工芸に育まれた、手作りのこだわりスピーカーです。あなたがお探しの物はきっとございます。心地良いお部屋を作る素敵なアイテムだと信じております。是非、「分らない!」「もっと詳しく聞きたい!」などありましたら、お気軽にお問合せあるいはご相談下さい。

、弊社のコンセプトにご賛同くださいます、当店オーディオ会員の方は既に300名以上に達し、オーディオやスピーカー等の件で、沢山お問い合わせいただいております。更に会員様には、商品購入時に5% OFFの特典もあります。 迷惑メール等のセキュリティー上、やむなく“会員様優先”になる場合もありますので、安心のために是非、下の“新規会員登録”からご登録ください。