《取り寄せ商品》ハイブリットアンプ SWD-TA10 真空管バアファーデジタルアンプ [SWD-TA10]

“真空管とデジタルアンプのハイブリット 最先端の音質をあなたに”

 


商品は、城下工業(株)
Sound Warrior シリーズのOEMにより、操作パネルを箱根寄木細工で飾ったハイクラフト仕様といたしました。デスクトップサイズでは、近年珍しい純国産の商品で、品質、信頼性に優れ、安心してお選びいただけるアイテムだと思います。  


本品ではこの小さな筐体の中である程度の音量を実現しなければならないという課題を前に、アナログとデジタルの融合によるハイブリッド構成は必然の選択となっていきました。ただ小さくてある程度の音量を稼げばいいといった安易な選択ではなく、「
SWD-TA10」は私達が音楽性を追求しこだわり抜いた、アナログとデジタルのハイブリッドアンプです。 


本機使用の真空管が醸し出す暖かく芳醇なアナログオーディオの感性は、どうしても譲れないデバイスです。つまり、どうしてもデジタルアンプだけでは表現できない何かが真空管にはあるのです。


っすらと光る真空管を見ているだけでも、なぜか癒される感覚を覚えます。そんな光を眺めながら、好きな音楽のひと時を過ごせる贅沢、この商品なら今すぐにでも始められます。
 


デスクトップに置けるコンパクトサイズの中に、高級オーディオの世界を全て詰め込んだ逸品です。

 

真空管という選択肢

真空管は数十年前のデバイスで、既に一般の電子機器では姿を消して久しいデバイスです。本シリーズはハイレゾ音源再生という最先端デジタル技術を駆使しましが、やはり音づくりの一番重要な部分には真空管を選択することにしました。やはり良いものは良い。譲れないものは譲れない。真空管が醸し出す人の心に訴えかけるものを感じてください。 


ハイブリットが未来を切り開く

省スペースの中で求められる音量を実現する。ただ音量だけを求めるのではなく、そこに音楽性豊かな音の世界を展開する。そんなニーズに対しての当社の結論は、アナログの極み真空管と省スペースでパワーの得られるD級アンプの融合というハイブリッド構成でした。当社の新旧技術が融合したカタチがこの「SWD-TA10」に結実しました。

 

≪本機専用トランスを使ったヘッドホンアンプ≫

デスクトップオーディオの場合、スピーカーの選択は悩ましいところです。本機は一般のスピーカーはもちろん、アクティブ・スピーカーも想定しています。Active Speaker端子は真空管バッファアンプを通過後の信号を出力していますので、パワードスピーカーで真空管の雰囲気を味わえます。更に、スピーカー端子に一般のスピーカーを接続、Active Speaker端子にスーパーウーファを接続するなど、様々な構成を想定しています。



≪仕様≫
構成
プリ段:真空管12AU7…1本、パワー段:D級アンプ…15W×2

入力
アナログ入力(LINE入力:RCA L、R)

出力
スピーカー出力
ヘッドホン出力(真空管通過 D級アンプ出力後=φ3.5 Stereo Mini)
パワードスピーカー用出力(真空管通過後=φ3.5 Stereo Mini)

電源
DC15V(ACアダプター)

サイズ
W146mm×H40mm×D165mm(突起物含まず)

付属品
六角レンチ、縦置用パネルシート、ゴム足、取扱説明書


≪ご注意ください≫
当店取り扱いの他の機材で、電源用ACアダプターのジャックが同規格の物が多く存在します。このSWDシリーズも他の機種と同じジャックですが、使用電圧が異なります。決して、付属以外のACアダプターを接続しないでください。一瞬にして故障します。
ご使用前に必ず取り扱い説明書をお読みください。
寄木パネルの縦置き仕様はありません。アクリルの操作パネルも付属しますが、変更はお客様の自己責任にてお願いします。
付属のシリコン足を底面4角に貼ってご使用ください。
●真空管は高温になりますので、電源を入れて放置したり、直接触ったりしないでください。
●取り寄せ商品となりますので、お届けまでにお時間をいただく場合があります。

他の写真

  • 同時発売のSWD-DA20 DAコンバータとの組み合わせになります。DACは、別途お求めください。

  • 同じ箱根寄木細工を使ったDAC、スピーカーとのセット風景です。別途、SWD-DA20、HC-TY161Lをお求めください。

《取り寄せ商品》ハイブリットアンプ SWD-TA10 真空管バアファーデジタルアンプ [SWD-TA10]
数量:

販売価格: 44,100円(税別)

希望小売価格: 49,000円

Facebookコメント