HC-ST077 スーパーツイーター・システム≪ペア≫ [HC-ST077]

●56mmフェースプレート・エアモーターリボン・ユニット採用
国産アサダ無垢材・バーズアイメープルバッフル板の本格BOX
●高域不足解消
●中型システムにも最適なコンパクトサイズ
●インテリア性抜群の自然なデザイン
●カメラ三脚対応で、コーディネートが自由に
●40KHzまでの超高域
●調整自在、殆どのシステムに合う
●94dBシステムにも対応可能
●バナナプラグ対応ネジ式ターミナル採用


ボンツイーターと言えば高嶺の花でしたが、贅沢に小型リボンのユニットを採用しました。
従来品では、大型ユニットに成っていましたが、56平方ミリメートルのフェースプレート(音を出す振動板)を僅か直径4cmに詰め込んだ優れものです。更には、このプレートを立体的に加工する事も難しかったため、波型に加工されたこの商品は、画期的とも言えるでしょう。


<メリット>
相変わらず、20KHz以上の音が、音質に影響するか否かで、多くの意見が飛び交っています。最近の秋葉原オーディオショップでは、効果が無いと販売を止めているそうです。


かし、この商品は、それ以上の要素を持っています。人が聴く事が出来る9KHZ付近から徐々に入り、ご不満の有った高域不足を解消します。また、音の輪郭が鮮明になり、音場の空間がリアルに感じられます。後ろにあるボリュームを使うことで、今お使いのスピーカーとの合わせも容易で、置き方などで面白いように変化をお楽しみいただけると思います。


信じられないかもしれませんが、高域がキツイとお感じのお客様に、この商品をお勧めしました。キツイ=高域+超高域で、かえって悪化しそうなのですが、見事に緩和されました。それは、「キツイ」はそれほど高くない高域ですので、本商品の高域はそれよりかなり上になります。キツイ音は俗に言うピーク(ほかの高さの音より大きな音)が要因で、それより高い音が増せば、相対的に聴きやすくなる理屈です。
その様な事例にも実績があります。これ1組追加する事で、機材を入れ替えたかのようにお楽しみいただけます。

リボンツイーターの泣き所は能率(音の大きさ)の低さですが、他の方式のツイーターと比べ、音の解像度が高く混ざり合った音の印象はありません。その為、能率が低くても耳でしっかり識別できるため、聴いた印象ではかなりの能率に感じられます。お使いのスピーカーでは、94dB程度までは十分に対応できると感じています。

真でもお解り頂けると思いますが、この機種よりカメラの三脚に取り付けられるように、1/4インチネジを仮面に埋め込んでいます。これにより、量販品の三脚を併用して頂ければ、お部屋の中でのレイアウトが自由に簡単に設定できます。角度や高さを工夫したり、複数台使用するなど色々な事が考えられます。

<デザイン>
スピーカーや棚の上に直接置く場合や、三脚にセットする場合の双方で見栄えのする形を検討し、結果シンプルでコンパクトな四角い形が最もきれいに見えるためにこの形にしました。更に、デッドストックの国産銘木アサダの無垢材を使い、バッフル板にはシナの共芯合板の上に高価なバーズアイメープルのツキ板を艶やかに仕上げ、本体とバッフルでコントラストの差と艶の差によって、材の質感を向上いたしました。


<合わせ方>
スーパーツイーター(超高域専用機)の場合、聴こえるか聴こえないかが理想的なバランスです。お使いのスピーカーによっては、本機の極性(+-)を逆に接続する事もあります。極性が合っていないと、高域が打ち消し合いを起こしてしまいます。プラス、マイナスは、聴きながら変更してください。高域が大きく感じられる方が正しい極性です。概ねのシステム又はフルレンジに合う様、極性を調整していますので、通常に繋いでいただければ問題無く使用できると思います。
フルレンジと合わせる場合、お使いのスピーカー前面より、後方5〜6cmぐらい後ろに設置してください。音のつながりが良くなります。

<接続方法>
接続は、お使いのスピーカー端子から分岐する方法が最も簡単で、スピーカーケーブルも短くて済みます。ケーブルは、極太の物は避けた方が綺麗な音が楽しめます。
 


【詳細性能】
■カットオフ:12,000Hz 6dB/oct
■有効周波数帯:12,000Hz〜40KHz
■能率:88dB/1m/1w
■対応可能能率:94dB
■インフィーダンス:8Ω
■入力:15W
■大きさ:W95mm×H65mm×D95mm(端子含まず)
■バナナプラグ対応金メッキネジ式ターミナル
■音量調整ボリューム付
■真鍮エンブレム
■カメラ三脚対応
■重さ:400g程度/本
■2本1組梱包
■日本製

 

【付属品】
・取扱い説明書

 

現在即納可能
★ユニットネジのデザインが変更になりました。
★天然材で且つ手作りな為に小さなキズ等があります。
★この商品の使い方がご不明な方は、お気軽にお問合せ下さい。
★三脚は付属しません。
★予告無く一部デザイン及び設計変更する場合がありますので、ご了承ください。
★ベルデン製のSPケーブルで、本商品に不向きな物がありますので、ご注意下さい。

 

 

の商品は、神奈川県藤沢市湘南台のでんき堂スクェア湘南店様にてご視聴いただけます。 

でんき堂サイトはhttp://www.audio-sp.com/ です。

 

 

お客様の声:

 

 

山形県鶴岡市にお住まいのお客様


お手紙をありがとうございます。 私共の感じていたメリットとデメリットを、見事なまでに文面かされており、オーディオ暦の深さに驚きました。 ご検討中のお客様においては、参考になるご感想ではないでしょうか。 この商品は、後ろのボリュームで簡単にOFFに出来ますので、音楽ソースやお好みでお使い頂けるメリットがあります。 皆様も是非、澄んだ空気感をご体験下さい。

 

 

 

 

広島県福山市にお住まいのお客様


お手紙をありがとうございます。直筆でのご感想に、感謝申し上げます。 10KHzからの高域ですので、ちょっとした環境音でも変化に気づきにくいことも有ります。 ご感想のように、次の日に突然感じられることもあるようです。不思議なことに、高域を追加して低域がはっきりする、もしくは強く感じると言ったご感想も多く寄せられています。 フルレンジ等では、ボリュームを上げると耳障りな音の印象が有る場合がありますが、それらの緩和にも役に立つようです。

 

 

 

東京都北区にお住まいのお客様


お手紙をありがとうございます。 本来は、この後のご感想が重要だったのですが、スピーカーケーブルによっては、高域に不利な物もあり、偶然それを使ってのご感想でした。 当然ながら、ケーブルで高域が細くなっていますので、能率不足を感じられたようです。 あまり無い事例でしたので、あえて載せましたが、この後ケーブルを変更してご満足頂ける結果となりました。

 

 

 

HC-ST077 スーパーツイーターをお買上げ下さった、愛知県のお客様のご感想です。今までお使いスピーカーが、少々(高域が)キツイとのご相談があり、冒険ではありましたが、この商品をお勧めしました。キツイ音は高くても4KHz以下、それ以上はシャカシャカなどの表現になります。ですので、それより高い高域を上げる事で、解像度が上がり、総じて緩和されると考えました。結果が良く、安心しました。

HC-ST077 スーパーツイーター・システム≪ペア≫ [HC-ST077]
数量: ペア

販売価格: 45,000円(税別)

オープン価格

Facebookコメント